MBF(Marine Leisure Business Federation of Okinawa)は一般社団法人沖縄県マリンレジャー事業者団体の略で、お客様の安全を最優先に考えると共に、マリンレジャー産業のコンプライサンス遵守に賛同した沖縄各地域のダイビング事業者団によって組織されています。

MBFの設立背景

マリンレジャー産業は参入障壁の低さから事業者が無秩序に乱立し玉石混合の状態となっていますが、お客様は価格以外に商品選びの基準がないため、トラブルや事故に巻き込まれても保証を受けるが出来ないことも発生しています。

組織概要

正式名称一般社団法人 沖縄県マリンレジャー事業者団体連合会
所在地沖縄県石垣市美崎町2番地
電  話050-3638-1135
Emailoffice@mbf.okinawa
団体設立令和3年3月31日 那覇地方法務局登記完了
代表理事八重山ダイビング協会会長   安谷屋 正和
会員種別正会員(発言権有り、議決権有り)
賛助会員(発言権有り、議決権無し)
入会・年会費正会員(入会金 10万円 年会費 3万円)
賛助会員(入会金 無料 年会費 無料)
銀行口座海邦銀行 八重山支店 支店番号080 普通口座822090 

顧問

沖縄県議会議員西銘 啓史郎
シリウス総合法律事務所準パートナー 上野 園美

理事会

会 長八重山ダイビング協会会長 安谷屋 正和
副会長恩納村ダイビング協会会長 内原 靖夫
理 事本部町ダイビング協会会長 山田 真二
理 事伊良部下地島マリンレジャー組合組合長 冨谷 剛
理 事北谷町海域利用事業所協力会会長 仲村 学
理 事糸満ダイビング協会会長 大山 貴弘
監 事株式会社シーサー代表取締役 稲井 日出司

会 員 

(アイウエオ順)
伊江島ダイビング協会
糸満ダイビング協会
伊良部下地島マリンレジャー組合
沖縄県海洋レジャー事業協同組合
宜野湾ダイビング協会
恩納村ダイビング協会
竹富町ダイビング組合
北谷町海域利用事業所協力会
那覇市マリンレジャー振興協議会
本島慶良間海域保全協会
本部町ダイビング協会
八重山ダイビング協会

組織図

入会方法

沖縄県マリンレジャー事業者団体連合会(MBF)は、OMSBと連携してSDO認証制度の研修会を開催した実績のある団体で構成されています。

開催実績のない団体の入会に関しては、下記審査評価基準に基づき理事会で審査し、理事の2/3の賛成を得られ場合に限り入会を認めます。

  • OMSBに認められて研修会が開催できる団体
  • 団体構成員の半数以上が参加した、一次救命処置と海域でのレスキュートレーニングを1年以上続けいている。
  • 団体構成員の10%以上の事業者がSDO認証を受けている
  • 団体としての実績(サンゴ礁保全活動、清掃活動等地域貢献活動、公共機関からの助成金や事業 等)

提出書類