サンゴの植付け

2021年7月7日

OCVBのSDGs活動の一環として行われたブセナ海中公園へのサンゴ植付けに参加してきました。

ブセナ海中公園は国定公園であり水中も含まれているため、OCVBから国定公園を管理する沖縄県、所在地である名護市、地先権者である漁協、地域の漁民など各方面への調整が行われ実現しました。

植付け海域とサンゴ種苗の選定は昨年より行われ、今回の実験的にサンゴの植付けが行われました。

生育状況や生存率はモニタリングを行い今後報告する予定です。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    OCVBへMBF設立の報告